【カナダ生活・家の購入】一軒家の価格と家の購入に必要な収入

家の価格上昇を歯止めをかける為、カナダ銀行(Bank of Canada)が試みたのは、住宅ローンの金利を上げる事。

その効果もあって、家の価格も前年度に比べると下がってきました。

目次

平均販売価格の変化

気になるカナダの家の価格を州別に調べてみました。

昨年の2月から今年の1月までの平均販売価格は減少しています。(カナダドルで掲載)

やはり、一番平均販売価格が高いのは、ブリティッシュコロンビア州、そして、オンタリオ州、アルバータ州と続きます。

州  名平均販売価格
(1月、2023年)
平均販売価格
(2月、2022年)
平均販売価格
(2月、2021年)
ブリティッシュ・コロンビア 州$872,934$1,104,098$887,866
アルバータ州$420,152$482,255$417,488
サスカチュワン州$279,800$284,100$274,000
マニトバ州$319,469$363,660$318,074
オンタリオ州$798,835$1,086,493$863,847
ケベック州$417,700$498,688$421,438
ノバスコシア州N/A$367,200$271,800
ニューファンドランド・ラブラドール州$280,401$324,900$289,000
ニューブランズウィック州N/A$291,100$217,100
プリンスエドワード州$366,948$322,800$260,600
ユーコン準州N/A$495,317$502,771
ノースウェスト準州N/A$549,747$439,591
ヌナブト準州N/AN/AN/A

参考ウェブサイト WOWA

家を購入するのに必要な収入

下記のカナダの10都市で比べてみると、カルガリーとハリファックスを除いては、家の価格が下がっています。

でも、家の購入価格は下がったものの、ハミルトンを除いて、買い手が家を購入する為には、以前よりもっと収入が必要なようです。

January 2023 Ratehub Home Affordability Report

参考ウェブサイト l’atehub.ca

10都市の中で、平均住宅価格が高い順番からみると、、、。

1位 バンクーバー(ブリティッシュ・コロンビア州)

平均住宅価格:$1,111,400 必要な収入:$212,800 (21,383,435円 2023年4月18日現在)

やはり一番家の価格が高く、それに対して収入源も必要になってくるのは、バンクーバーです。

バンクーバーの冬は、それほど寒くもなく、気候的にも最適。雨の降っている日は、多いですが、、、。

自然が一杯で、その上ウィスラーへのアクセスも便利で、スキーやスノーボードをする人達には最適の場所かもしれません。

2位 トロント(オンタリオ州)

平均住宅価格:$1,078,900 必要な収入:$207,000 (20,800,616円 2023年4月18日現在)

そして第2位は、トロント。

大都市だから、平均住宅価格も高く、それに必要な収入源も高くなります。

3位 ビクトリア(ブリティッシュ・コロンビア州)

平均住宅価格:$866,700 必要な収入:$169,250 (17,007,267円 2023年4月18日現在)

3位はビクトリア。

ブリティッシュコロンビア州内の中で一番南に位置し、気候は温暖。

気候が温暖だと、住みごごちもよさそうですね。

4位 ハミルトン(オンタリオ州)

平均住宅価格:$809,800 必要な収入:$159,100 (15,987,333円 2023年4月18日現在)

オンタリオ州西部、トロントとナイアガラの滝の中間に位置する都市で、人口的にはカナダで第8位の都市。

5位 オタワ(オンタリオ州)

平均住宅価格:$603,900 必要な収入:$122,440 (12,303,514円 2023年4月18日現在)

オタワは、カナダのオンタリオ州の東部に位置し、またカナダの首都。

さいごに

ブリティッシュ・コロンビア州とオンタリオ州の平均住宅価格は、やはり高いですね。

それに住宅ローンの金利が下がっていても、家の購入時に必要とされる収入は下がるわけでもなく、、、

だから、ブリティッシュ・コロンビア州やオンタリオ州では、若者達が一戸建ての家を購入するには難しい状況だと、よく言われている事がわかります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

よかったら、応援のクリックしてね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次