【カナダ生活・ステーキ】さすがに美味しい!地元でも大人気の『The Keg Steakhouse + Bar』で、フィレミニョンを食べてみる

肉が大好きな旦那を満足させようと、彼の誕生日の日に選んだレストランは『The Keg Steakhouse + Bar』。

「The Keg」のステーキが好きで、ここならきっと文句を言わないだろうという理由。笑。

食べ物には、かなりうるさいから、、、。

そんな「The Keg」で、旦那がひたすら呟いていた言葉といえば、”Ummm….so good. (美味しい)”

目次

「The Keg」とは、、、

「The Keg」は、カナダと米国にあるカナダ人所有のステーキハウス(レストランとバー)のチェーン店。

オリジナルの「The Keg and Cleaver」レストランは、1971年にブリティッシュ コロンビア州ノース バンクーバーに設立され、現在ではカナダと米国で、そのレストランの数は160店にも及ぶらしい。

そのうちカナダのチェーン店数は、105店舗。105店舗とは、すごい数ですよね。

「The Keg」のユニークな特徴とは

歴史的建造物を買い取り、レストランに改装。

歴史的建造物の中で、食べてみたいっていう人にお勧めなのは、下記の「The Keg」。

トロントの「The Keg」マンション (この建物は1867年に建てられました。)

場所と営業時間

オタワの「The Keg」マナー (この建物は1831年から1834年にかけて、建てられました。)

場所と営業時間

注文するなら、ステーキ

やっぱり注文するなら、ステーキです。笑。

次は、いつまた「The Keg」に行くか分からないし、食べれる時には食べておきたいので、、、。

という事で、旦那と私が注文したのは、Keg classicsのFilet Mignon(フィレミニョン)7oz

焼き加減も注文できますよ。私はMedium wellで、お願いしました。

Keg classicsは、まず初めにどんなサラダを食べたいか選んで、そしてメインのステーキとキノコのソテーに加えて、一緒にどんなものを食べたいかが選べます。

サラダの種類は、シーザーサラダ、ミックスグリーン、アイスバーグ ウェッジサラダのうち、一つを選択。

ステーキと一緒に食べるのは、ガーリックマッシュポテト、ベークドポテト、フレッシュベジタブル、二度焼きポテト、フライドポテト、きのこご飯、カリフラワーマッシュのうち、一つを選択。

因みに私が選んだのは、ミックスグリーンフレッシュベジタブル

気になるレストランの料金

マイタイとハイネケン

二人で飲み物やステーキを頼んだレストランでの料金は、こんな感じです。

マイタイ(カクテル) $10 x 1

ハイネケン(ビール) $9.5 x 2

7oz フィレミニョン $54 x 2

ウィスキーペッパーコーン(ステーキ用のソース)$2

合計 $139.00 + $18.07 (消費税 )= $157.07 

$157.07 + $25.50(ウェイトレスへのチップ代) = $182.57(2023年3月4日現在、日本円で約18,211円)

*「The Keg」の場所により、もしかしたら料金が違うかもしれません。

さいごに

誕生日のケーキを持ち込んでも良いと言われたので、持って行ったのですが、、、。

ケーキどころでは、ありませんでした。笑。

一番初めにパンが出てきて、そのパンがまた美味しい。

その次に注文したサラダ。このサラダの量が多くて、この時点でかなりお腹も一杯になってきました。

そしてメインのステーキ。結局、半分程しか食べれず、お持ち帰りにしました。笑。

だから、お誕生日のケーキを食べるなんていう事は、出来なかったのです。笑。

さて、最後になりましたが、今回の「The Keg」、お肉(ステーキ)が好きな人には、お勧めです。

最後まで、読んで頂いてありがとうございました。

下記にて、ブログ応援のクリックして頂けると、励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次