【カナダ移住・現実】「どんな状況だったら、カナダ移住、後悔してた?」って、ふと思ったりする

カナダ生活を振り返って、どんな状況だったら、カナダ移住を後悔してたかなぁって、ふと思ったりします。

念願の永住権が取れた後、やはり一番重要になってくるのは、お金でしょうか?

その当時は、独身だったので、そう思ってしまいます。笑。

なんせ自分で稼がないと生活が出来ないのですから、、、。

目次

どんな状況だったら、後悔してたかも?

私の場合は、やはり安定した収入源がない場合かもしれません。

ある程度、収入があって、その収入で月々生活でき、友達と外食が出来たり、旅行する事が出来たり、

また老後へ向けて貯蓄をしていけるようなら、、、

そうしたら、カナダ移住に後悔はなしです。

でも、もし現在でも、カナダに来た頃から、あまり変わらないような生活状態だったり、

月々の支払いが大変だったりすると、日本に帰国した方が良かったかもと、カナダ移住を後悔していたかもしれません。

カナダにいるからこそ、頑張れた

思う事は、カナダにいるからこそ、頑張れたって思います。

日本にいた頃、両親も親戚も友達もいて、何不自由のない環境が、実は「ぬるま湯」のように感じていました。

周りをみれば、優れた人達は沢山いて、ついついその人達と自分を比べていたような気さえします。

結局、その頃、感じたのは劣等感なのかもしれません。

カナダの環境に自分をおいたら、、、

いろんな人種の人達がいて、簡単にあの国の人はあんな感じかもしれないと、割り切る事が出来て、

他人と比べる事もなくなりました。

日頃の生活で、英語の習得も大変でしたが、少しずつだけど、頑張れるような気がしました。

もちろん、生活をしていく上で、英語以外にも、学ぶ事は沢山あります。

でも、頑張れば、頑張るだけ、まだまだ私なりに成長できるのではないかって、、、。

そして、あの頃の友達は、カレッジ、大学、大学院に通っていたり、またIT関係で働いていたり、

学生だった友達は、最終的には仕事も決まり、今では家庭を持っています。

今思えば、友達にかなり恵まれていたと思います。

さいごに

次はこんな事がしたい、またこんな事が出来たらいいなぁと思いながら、少しづつ前進したカナダ生活。

気がつけば、かなりの月日が過ぎました。

今、思えば、何かと思うように事が運ばなかった事もあったのですが、あまり苦にも感じず、頑張ってこれたような気がします。

『まぁ、無理だったら、いつでも日本に帰れる。』っていう心の余裕が良かったのかもしれません。

というような、私のカナダ移住生活です。

最後まで、読んで頂いてありがとうございます。

よかったら、応援のクリックしてね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次