【カナダ生活】国際ロマンス詐欺にあったカナダ人女性、現在は香港の刑務所へ

たまたまW5(CTVニュースによって制作されたカナダのニュース雑誌のテレビ番組)を見ていたら、ロマンス詐欺にあったカナダ人女性の話。

最後には、最終的に香港の刑務所に入れられてしまいます。

そして、このまま一生、この刑務所から出て来れないかもしれないという悲しい結末です。

ちょこっと英語

彼らは刑務所にいる=They are in a prison, They are behind bars

詐欺=Scam/人を騙して、個人情報、財務情報、または金銭を提供する事を目的とする。Fraud/詐欺師が個人情報や財務情報を入手し、自分の利益の為に使用したり、偽装して標的から金銭を受け取る事。

目次

スザンナさんの国際ロマンス詐欺

オンタリオ州、バリー出身のお孫さんが6人もいるおばあちゃん、スザンナさん。

旦那さんが亡くなって、5年後にインターネットで恋人探しを始めました。

そして出会った理想の男性。

甘い言葉をかけられ、2、3か月以内でその男性からお金を要求され、最終的には数十万ドル(数千万円)に上る金額を支払ってしまう事になります。

この時点で、スザンナさんはこの男性に直接会った事はありませんでした。

スザンナさんの友人は、何度もスザンナさんにインターネットで会った事もない男性だから、気をつけるよう忠告したと言います。

スザンナさんの友人と家族は、この同じ男性が新しい名前と写真を利用して、再度インターネット上で、スザンナさんの前に現れたと推測しています。

今回は、お金ではなく、別の計画がありました。

この男性は、お金を要求するのではなく、スザンナさんにエチオピア行きの航空券を無料で送ってきて、エチオピアで会いたいというのです。

スザンナさん、エチオピアへ一人で行きます。

何週間か滞在していたエチオピアでのホテル。

結局、その男性には会えず、、、会えなかったから、香港で会いましょうって言う事になります。

この男性の友人達がスザンナさんに新しい服、旅行用のスーツケース(贈り物)、そして香港までの航空券を持って来てくれます。

そしてスザンナさんが、香港に向けてエチオピアを経つ事になります。もちろん、届けてもらった旅行用のスーツケース(贈り物)も一緒に、、、。

香港に到着するなり、スザンナさん捕まってしまい、刑務所に入れられてしまいました。

スーツケースの中に入っていた贈り物は、たくさんの服のボタン。しかしこのボタンの内側にコカイン(麻薬)が詰められていたのでした。

参考ウェブサイト How a small town Canadian grandmother ended up in a Hong Kong prison

一生刑務所から出れないかも

スザンナさんの娘さんが、香港まで行って、最終的には一度、しかも10分間しか刑務所に入っているスザンナさんに会えず、、、。

スザンナさんが滞在していたエチオピアのホテルで、スザンナさんを訪ねて来た男性達。その男性達が映っている証拠ビデオも最後には、ホテル側が消してしまいました。

スザンナさんも無実の罪で刑務所に入ってしまって、一生刑務所から出る事が出来ないかもしれない。

娘さんが、無念の気持ち一杯で、本当に可哀想でした。

香港では、こういったスザンナさんのような例が増えているらしいです。

もし詐欺にあったら

もし詐欺にあったら、どうしたら良いか?

考えをまとめる

詐欺にあった時の全ての情報(書類、レシート、メールやテキストなどのコピー)を集める。

金融機関に連絡する

送金元の金融機関に連絡する。

警察に連絡する

地元の警察に報告し、事件のファイル番号を入手する。信用報告書(credit report)に疑わしい活動があった場合、警察に連絡し、事件のファイル番号を更新する。

The Canadian Anti-Fraud Centreへ報告。

将来の詐欺から身を守る

詐欺師は、お金を取り戻す約束をして、詐欺の被害者を2回または3回標的にする事がよくあるそうです。

常に十分な注意を払う事が必要になります。

さいごに

インターネット上での出会いには、くれぐれも気をつけて下さいね。

人の弱みにつけ込んでくる詐欺。

本当に許せませんよね。

また、ロマンス詐欺だけに限らず、度々カナダ政府の機関を装ってかかってくる詐欺電話。

そんな電話がかかってきたら、私は電話に出ないのですが、

旦那は、電話にわざわざ出て、”Shame on you!!”(恥を知れ!)と怒ったり、

名前を聞かれたら冗談で”マイケルジャクソン”と言ったりしたり、、、すぐに電話を切られます。

皆さんもくれぐれも詐欺には注意して、個人情報は渡さないようにして下さいね。

最後まで、読んで頂いてありがとうございました。

よかったら、応援のクリックしてね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次